2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

浴衣で巡る伊東温泉「ゆかたび」

3


伊東市観光文化施設東海館に

浴衣レンタルスペース「ゆかたび」がオープンしました!

開設期間 平成30年6月23(土)~平成30年9月30日(日)

営業時間 午前11:00~午後19:00(最終受付)

定休日 毎月第3火曜

Photo_11

有名人気 ブランドがお手軽なお値段で

レンタルできるとは 嬉しいhappy01

2

タレントさん、モデルさん

フリーアナウンサーさんなど も お試しされていて

注目されていますwink

これから 花火やお祭りのシーズンにぴったりconfident

浴衣をきて、伊東温泉散策しませんか??

http://浴衣で巡る伊東温泉.com/

伊東市宇佐美「すしとめ」さん

Photo_6

ランチメニュー はひとつだけ

席についたら「ランチを」とオーダーすればOK。

Photo_7

内容は、その時によって違うようですが

海老の味噌汁、小鉢、前菜、デザートがついて

1,100円(税込)は かなりお得だと思います^^

Photo_8

一人でも入りやすい、いいお店です^^

-------------------------------------

すしとめ

静岡県伊東市宇佐美1660-23

TEL 0557-48-9111

営業時間 11:00~14:00 17:00~22:30(LO21:30)

定休日 月曜

駐車場 有

https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22006977/

南伊東「桂林」さん

Photo_4

無性に、このもやしシャキシャキが食べたくなる^^

町中華大好きです❤

-------------------------------------

桂林

静岡県伊東市宮川町1-4-25

TEL 0557-37-7386

営業時間 

定休日 水曜日

駐車場 有

https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22005089/

南伊東「のんき寿司」さん

Photo_2

11:30~14:00はランチタイム。

お気に入りは、ボリュームたっぷりな

「ちらしランチ」 1,000円(税込)

Photo_3

旬の新子 800円も贅沢に頂いて

気さくな大将が、お魚について教えてくれるので

楽しい時間を過ごせます。

一人でも入りやすい お寿司屋さんです。

--------------------------

のんき寿司

静岡県伊東市宮川町1-2-10

TEL 0557-37-2454

営業時間 昼:11:30~14:00 夜:16:30~22:00(LO21:30)

定休日 水曜日

駐車場 有

http://www.nonkizushi.com/

自分の身体と上手く付き合って生きていく

膠原病(コウゲンビョウ)と診断されたのは、22歳の時でした。

病院に行ったきっかけは、目が真っ赤に充血したから。

眼科を診察したのに、なぜか血液検査を受け

診断結果は膠原病(コウゲンビョウ)

「シェ―グレン症候群」と「全身性エリテマトーデス」。

聞いた事もない病名に、頭が真っ白になり

「なぜ、自分が?」と受け入れられない日々が続きました。

それから、13年。

膠原病でありながら、ステロイドも飲むことなく

安定した日々を送っていたのですが。。。。。

ある日、就寝中に突然の右肩、脇の痛みに襲われ

そこからミルミル、膝、肩、手などの関節に痛みが出始め

毎朝の倦怠感、こわばりに苦しむようになりました。

仕事もまともにできない状態、動けない、まともな生活ができない

「不安」しかなかったです。

かかりつけの大学病院へ行きましたが

はっきりしない「リウマチ」かもという診断に

ステロイド投与をためらいました。

副作用が怖かったのと

どうしても、子どもがほしいという気持ちが捨てきれなかったから。

1年、ロキソニンと胃腸薬、注射投与で乗り切ってきましたが

心身ともに限界が来ました。

先生のすすめる 抗リウマチ剤 メトトキサート(リウマトレックス)投与。

この痛みから解放されるならと、信じて投与を始めました。

投与開始から、数ヶ月。

身体の倦怠感、痛み変わらず、というか前より重くなっている?

体重も減ってる。

先生に状況を告げると、投与の量を増やされました。

早く、痛みが治まってほしい。

その一心でした。

そして、数ヵ月後、右鼠径部にしこりを発見。

嫌な予感しかしなかったです。

次の日に、病院へ電話。

「心配なら来て下さい。」と受付の対応。

診察で「大変な事になった」と主治医。

その後、生検の結果。

「濾胞性リンパ腫」と診断されました。

今回の事で、副作用が どれだけ怖いか再確認しました。

生検から1年が経ちます。

今は、ステロイド投与をはじめ、リンパ腫も小さくなってきているようです。

あの頃に比べると、ロキソニンも飲まず、だいぶ痛みがなくなり

動けるようになってきました。

(地べたに座る事×、重いもの×、ペットボトル開けれません)

メトトキサート投与によるリンパ種は

投与を中止すれば50%は、消えるそうです。

濾胞性リンパ腫は、年単位で進行するか、しないかの

リンパ腫だと 先生から伺いました。

これから、どうなるか分かりませんが

癌が消える事を信じて、日々精進しながら

生きていこうと思います。

同じ境遇の方が、もしこのブログを見て下さっていたなら

偉そうな事は言えないけど

一緒に踏ん張っていけたらいいな。

« 2017年6月 | トップページ | 2018年8月 »